企業理念会社案内沿革

企業情報[ 沿革 ]

昭和49年 東和産業株式会社設立
昭和55年 上福岡駅前に大型ビル取得
同ビル内にパーラーアサヒ(現:「上福岡UNO」)オープン
平成1年 資本金4億5,785万に増資
主要取引銀行が新株主に
平成2年 「快適空間」(アメニティ)を軸にCI導入
相模大野ビル「複合レジャー施設 JSPARK」竣工
同ビル内にニュースター(現「相模大野UNO」)オープン
上福岡に現金機専門店「アサヒ」オープン
オンリーワンの店造りを強化する
平成3年 カラオケルーム「ラ・ミューズ」相模大野ビル内にオープン
業界初のスイス外債(1千万スイスフラン)発行
平成6年 新タイプパーラー「相模大野UNO」1号店オープン
平成7年 シティホテル(新宿ワシントンホテル)に併設された全く新しい
タイプのアメニティパーラー「新宿FRESCO」をオープン
従来のパチンコ店のイメージを一新し、大きな話題を呼ぶ。
平成9年 有楽町駅前に大型店「有楽町DUO」オープン
有楽町地区「UNO」「DUO」の2店体制で、独占的地位を獲得する
平成10年 上尾駅前に「上尾UNO」オープン
平成11年 フード部門を分社化、東和フードサービス株式会社を設立
平成12年 「北上尾UNO」オープン
平成16年 本社を銀座2丁目に移転、本社内に「銀座センター」を開設
創立30周年を迎える
「第2創業」と位置づけ新戦略を打ち出す
・グループ会社 東和フードサービス株式会社 JASDAQ上場
・パーラー運営会社「東和アミューズメント株式会社」設立
・首都圏駅前立地への積極的店舗展開をスタート 大型店2店出店
平成17年 株式会社日本格付研究所より「BBB」評価を受ける
平成18年 総合アミューズメント事業展開のため、カラオケ部門を集約し、
「東和エンタープライズ株式会社」
平成19年 「有楽町駅前大型再開発ビルITOCiA」内に、「有楽町UNO」をオープン
平成20年 「新たな成長」に向けて、新規出店、新業態開発を加速
JR新橋駅前に本社ビル (名称:TOWAJ‘Sビル) 取得
平成21年 TOWAJ‘Sビル内に新旗艦店 「新橋UNO」 オープン
平成22年 グループの業務統合の中核会社として「東和データサービス株式会社」を設立
平成24年 グループで省エネルギーへの取り組みを推進
業界初となる省エネ大賞「資源エネルギー庁長官賞」受賞
平成25年 UNOブランディングプロジェクト始動
平成25年度 新店舗を3店出店
平成26年 4月 東和産業株式会社・東和アミューズメント株式会社
   岸野誠人 代表取締役社長就任
6月 創立40周年
平成28年 8月 新コンセプト店「中山ZoRoN」をオープン
12月 新規事業「岩盤ホットヨガスタジオ」ルキナ三ノ輪オープン
平成29年 4月 28店舗目(許可ベース30店舗目)「仙川ZoRoN」オープン
6月 「岩盤ホットヨガスタジオ」ルキナ仙川オープン

店舗オープン






UNO DUO