STORY! 本社物語


数億円を動かすベテラン社員の姿に、未来の自分を重ねて…。

本 社 東京都港区新橋3-20-1  TOWAJ'Sビル

若くして司令塔ポジションに就く、大きなやりがいと重いプレッシャー。

イメージ

TOWAの中枢である新橋オフィスには、マーケティング・マーチャンダイジング全般を分掌し、店舗と連携して施策を遂行する営業本部が設置されている。TOWAの店舗は個店経営を標榜し、それぞれの立地や環境に合わせての店舗運営が求められる。本部は、そういった各店舗の営業を支援し、且つそれぞれのお店に横串を通す、いうなれば司令塔の役割を果たしている。


5月のとある日、都心エリア:有楽町の営業計画会議が店長、営業本部スタッフ参加のもと開催された。会議では、店舗の営業を推進してゆくにあたってのあらゆる事がディスカッションされ、営業施策として反映されてゆく。ひと通りの現状分析と検証が終わり、課題となるポイントが集約されてきた。

イメージ

そのひとつが新規顧客の取り込みだ。営業本部で全店の広告宣伝を担当する統括主任の酒井は、ディスカッションが進むなか、見落としてしまっているエアポケットがないか思いを巡らせていた。

有楽町地区は都心・駅前店舗であるがゆえに、お客様がどこから店舗に来店していただいているかとても掴みにくい。通勤客や買い物客、年齢・性別など、客層が多岐にわたるからだ。
その中で、酒井は店舗の会員分布に着目した。これに人口分布を重ね合わせると、地下鉄の沿線に、アプローチしきれていないエリアがあることが判明した。ここにアプローチするための施策がすぐさまおりこまれることとなった。


会議が終了しデスクに戻った酒井。同じようなエアポケットが他のお店にもないか、早速、各店の商圏地図の見直しを始めた。翌日には、別の店舗の会議が予定されている。